車買取と任意保険

車買取と任意保険について

営業マン

簡単に説明をすれば任意保険とは強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険だけではまかなえない補償を考慮しているとても大切な保険です。

 

これは任意の保険の注意点は自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で機能しますので自賠責保険でまかなえる限度額を上回った時に登場します。

 

さらに自賠責保険の中では物に対する損害については補償対象にならないので、その部分をカバーする際にはさらに任意保険にも入っておくことが望ましいです。

 

既に任意保険の保険料を払っているマイカーを手放す場合は、国内メーカーの自動車やドイツ車ということは例外なく残金が還付されます。

 

これは国産メーカーの自動車を売るケースでも同じです。

 

自賠責保険は基本的にはかけたままにしておくのが常識ですが任意保険は全員が加入するものではありませんので、キャンセルをすることになります。

 

また契約解除したあとは、支払い済みの残っているお金が返還されるということになります。

 

クルマの売買が決まったとしてもすぐに任意保険の契約を解除するのはリスクがあります。

 

当たり前ですがすぐにキャンセルすればそれだけ返ってくる額は増加しますが、もし中古車店が遠方にあるため、自ら乗っていくような際は、任意保険なしで自動車の運転をすることになります。

 

リスクを想定して、絶対もう運転をすることはないと言い切れるまでは任意保険の契約のキャンセルをすることのないようにする必要があります。

 

自動車を売却して、すぐさま他の車に買い換える場合ならば良いと思いますが、仮にしばらく乗らない状況が続き保険に加入している必要がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時が存在すると以前に加入していた時の任意保険の等級が下がるため任意保険の保険料が増額されることがあります。

 

そういったような場合は「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があります。

 

この「中断証明書」で最長で10年は無保険になる前の保険の等級を引き継ぐことが可能です。

 

これは13ヶ月以内でしたら発行することができるので、もしももう車を手放していて、「中断証明書」を提示されてもらっていない状況でしたら、保険会社やその代理店にその旨をお伝えください。

 

もしも新しくクルマを買うことになって購入した後に前に乗っていた車を処分依頼するのならば任意保険の加入はどちらか一方のみになります。

 

変更ということですから、乗る必要がある愛車の場合、処分の際まで注意が必要です。

 

それから任意保険という保険は車の種類などによって保険料がそれなりに違ってきますから、自動車引き取り時は任意保険を見直してみる好機とも言えますね。

 


地域別買い取り査定情報