自動車買取査定の基準

自動車査定の走行距離と年式について

営業マン

中古車の売却額査定の基準として重要性の高いもののひとつに走行距離がまず考えられます。

 

走行距離というのは、処分をする車の消費期限とされることも多くありますので、走行距離というのは長い分だけ、売却額査定には欠点になるでしょう。

 

走行距離はより短い方が自動車の査定額は上がりますが、実はそれほど詳しい目安はないため一定の基準で査定額が算出されます。

 

これは実際、中古車を自動車買取業者で下取りに出す時も重視される買取査定の大切なポイントになります。

 

例えば、普通車だと年間10000キロが基準としてこの走行距離を超えて走っているとたいていマイナス査定の要因となります。

 

軽自動車の場合、年間8000キロがまた年数が経っているのに距離が小さい場合でも査定金額が高くなるというわけでもありません。

 

本当にやってみるととてもよく分かりますが中古車は適時乗ることで車両のコンディションを保ちますから年数の割に走行距離が少ない車の場合、破損が起きやすいとみなされることもあります。

 

これは中古車を手放す際も例外ではありません。

 

通常は年式や走行距離についての買取査定の留意点は、年式と比べて適正な走行距離であるかという点です。

 

さらに車の年式も、車の査定のポイントになります。

 

十分と理解しているんだといったかたが多数だと思っていますが、普通は年式が最近であるほど査定には高評価が出やすいのですが例外的にそれにプレミアが付いている車は、古い年式の場合でもプラスに査定されることもあります。

 

同じもので同じ年式であったとしても、ちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがなされている車は、当然、それぞれのブランドで買取額は変わります。

 

同車種の自動車を手放す金額というケースでもコンディションにより評価は大きく変わってきます。

 


自動車査定の走行距離と年式について関連ページ

自動車買取査定の車の状態
当ウェブサイトへお越し頂き嬉しく思います。もしかすると車買取査定に関して調べモノをしていたり詳細を探していますか?当サイトは車買取査定に関係する詳細を整理しています。よくある詳細のまとめが多いかもしれませんが、ほんのひとつでもお役に立つ内容があればと考えています。

地域別買い取り査定情報